2010年05月11日

「民意はますます反対」=徳之島3町長(時事通信)

 鹿児島県・徳之島の伊仙、天城、徳之島3町長は7日午後、鳩山由紀夫首相との会談後に都内で記者会見した。3町長は、首相に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の基地機能の受け入れ拒否を伝えたことについて、「民意は決して変わることはない。これからますます反対という形で出ていく」(伊仙町の大久保明町長)などと言明した。
 天城町の大久幸助町長は、会談に関し「(首相に)気持ちをよく分かってもらえたのではないか」と指摘。徳之島町の高岡秀規町長は、会談で首相が民意重視の姿勢を示したとした上で、「徳之島案はなくなると期待して会談を終えた」と語った。 

費用対効果、ナトリウム管理、実用まで40年…もんじゅ課題山積(産経新聞)
普天間 徳之島移設断念へ ヘリ部隊分散、困難と判断(産経新聞)
<山口市・月輪寺>重源上人の焼き物完成、5日に供養祭(毎日新聞)
家賃減免詐欺で組長逮捕=市営住宅で虚偽申請−兵庫県警(時事通信)
河村名古屋市長 「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)
posted by ナガノ ヒロユキ at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。